市場調査の方法や種類

市場調査ってどうやるの?

市場調査とはやり方がいくつもあるのですが最も想像しやすいのは、やはりアンケート調査になるでしょう。一番思いつきやすい方法といっても過言ではないです。企業もそうですが地方自治体、或いは国政側がやっている調査などもアンケート式であることも多いです。細かいことをいいますと実はやり方が意外と大変な部分も多いです。例えば少なくとも2000以上のサンプルがないと統計学的には正しいデータが出ないとか商圏を見る場合は何キロ以内に住んでいる人を対象に、とか限定的にやらないといけないこともあります。受ける側が適当に答えることもありますから、正しく回答してくれる人を集めることもかなり大変な要素でもあります。質問数が多いと敬遠されますし、有償でお願いする場合は粗品程度でも用意する必要があったりとやることは一杯あります。しかし、安価に行える市場調査であることも確かであり、今はインターネット一回答10円以下単位でお願いできたりしますから、用いるやり方次第でかなり参考にできる市場データを得ることができるようになります。何度か繰り返しやったり、微妙に変えて継続的に行うことによってより精密なデータにもなりますから、やり方次第といえるでしょう。

市場調査の種類とは?

企業の多くが市場を確認するため、分析するために調査をするようにしています。それを市場調査といいますが、これにはいくつかの方法がありますからどれにするのかによって情報の精度であったり方向性が違ってきたりします。同じ目的の為の調査であっても細かい部分でやはり違うことが多くあります。その調査の方法ですが例えばアンケート調査がありますし、対面調査もありますし、グループ対面調査、郵送調査、最近ではネット調査なんてものもかなり精度がよい市場調査の方法として注目されており、かなり実行されています。また、業種によっても違うことですし、手間がかかることでもありますが現地調査などが最もよいとされていることが多いです。実際に現地を見て、そこで細かい情報を入手して、総合的に市場の動向を見る、ということができればそれが最高といえるからです。しかし、一日で調査しきることが難しいのが現地調査になります。店舗をそこに出す、といったことであれば現地調査は必須になります。また、そもそも一つの市場調査に拘ることはないのです。ですから、複数の市場調査の分析結果を見て考えることもよいでしょう。しかし、その分、コストがかかることになります。