覆面調査の有用性

市場調査で何を得るか

ほとんど全ての事業計画は、市場調査から始まると言えます。市場調査とは、市場での消費者や各企業の消費傾向、需要や販売実績を詳細に調査したものです。この調査結果を的確に分析することで、新たな需要を開拓し、事業の企画立案に役立てます。部署によっては、上司から市場調査を命じられることもあるでしょう。
その際に、効果的な市場調査をするには、専門知識が必要となってきます。大学などでマーケティングを学んだ人なら、ある程度の方法論をお持ちでしょうが、そこは「餅は餅屋」と言います。専門のマーケティング会社に依頼したほうが、より確度の高いデータを得られます。しかし、現在ネット上には、多数のマーケティング会社が乱立し、どの会社に依頼するのが適切か判別できない状況にあります。一口にマーケティング会社といっても、実績や費用、そして得手不得手が存在します。調査方法には複数の方法があり、ネット調査、郵送調査、電話調査、現地調査など、市場調査の種類によって適切な調査方法は異なります。
そこで、便利なのが、ポータルサイトの利用です。市場調査会社のポータルサイトを利用することで、数社のリサーチ会社の料金や調査方法の比較をすることができます。利用者は、サービス内容や費用対効果の面から、最も適切であると思われるリサーチ会社を選定することができます。紹介料は無料で、無料相談窓口も設けられているため気楽に利用できます。

市場調査は覆面で行うことが効率的

市場調査で消費者の需要を確かめるには少し工夫が必要です。一般的なアンケートの市場調査では、無作為抽出の消費者が回答することができるため、正しい調査が出来ているかどうかがわかり辛い傾向があります。実際に、大手のメディアも無作為抽出によるアンケート調査を実施していますが、このアンケート調査はインターネット上の調査と比較するとかなりのズレが出ていることも傾向としてわかっています。
地域ごとの差やアンケートに答える時の意識の差など、それぞれの調査によって微妙なズレが出てきてしまうことは必ず考慮に入れておかなくてはいけません。では、具体的にどのような市場調査が信頼性が高いのでしょうか。信頼性が高い調査の一つとしては、覆面調査における市場調査があげられます。覆面調査は、一般的なアンケート調査と比較して消費者やそこで働く従業員の本音が出やすい調査です。
これは、調査であることを告げずにマーケティングの動向を見ていくからに他なりません。アンケートなどの調査を名目にして回答を求めると、実は消費者は委縮をして本音を言いづらくなるという海外の研究データもあります。ですから、覆面で調査をして何が求められているのかを聞くことは非常に効果的な方法なのです。