市場調査が行われる理由とは

市場調査を行う理由

お店や会社を出すにあたり必要なことと言えば市場調査です。これにより自社の今後の運命が決まるといっても過言ではありません。そのなかでも飲食店はとても難しいものがあります。どのようなお客様を狙うのか、そしてどの程度の人たちが行き来しているのかなど、繊細に見ていく必要があります。
例えばごく普通にリーズナブルで気軽な居酒屋を出そうとしたさいに、富裕層の集まる地域に出してしまっては上手くいく可能性は少なくなります。富裕層の方はリーズナブルを売りにする居酒屋にはなかなか足を運びません。二軒目、三軒目で寄ってはくれるかもしれませんが、リーズナブルである以上は薄利多売の世界です。一軒目でご来店してもらえないと難しいですよね。
このように自分の店のコンセプトとその界隈の住人や交通機関、お店などの状況を照らし合わせて判断することが非常に大切なのです。そのための市場調査ですので、手を抜くことは許されないものです。よく勘違いされるのが、人の通りの多いところに出せばお客様が入りやすいと思う方もいるのですが、その様なところは家賃が高かったり、それ以外の出費があったりと大変なこともあります。それも含めてバランスを考えて市場調査が上手くいけば、お店も軌道に乗りやすくなるでしょう。

市場調査が必要な理由

世の中にものが流通するために必ず必要となってくるのが市場調査と言うものです。なぜ世の中にものが流通すると市場調査と言うものが必要になるのかといいますと、商品が世の中に出回るためにはどのくらいの量が必要なのかと言う事を製造するメーカー等は把握をしておかなければならないのです。なぜ把握をしておかなければいけないのかといいますと、消費者がどれだけの量を購入して年間どれだけその製品が使用されているのかと言うことを把握しておかなければメーカーは生産計画を立てることができないのです。そして市場に出回る商品の消費量を把握しておかなければ売り切れや欠品を起こしてしまうのです。
売り切れや欠品を起こしてしまうといった事はそれだけ消費者の手元に商品が届くのが遅れメーカーとしてもその期間は生産だけに集中をして、売り上げが上がらない期間が続いてしまうのです。そのため生産工場などを持つメーカーなどは市場調査を行い消費量の把握をしておかなければ自分たちの売り上げにも関わってくるため定期的に市場調査を行っているのです。市場調査を行わなければならない理由の1番はメーカーが生産計画を立てることがなく売り上げを逃してしまうため市場調査と言うものは必要なのです。